玄関手すりはいかがでしょう?|京都市のリフォーム・リノベーションはヤマゴにお任せ!

京都市全域のリフォーム・リノベーションはヤマゴにお任せ

玄関手すりはいかがでしょう?

とりあえず掴むところ

外出される時、

ご帰宅時、玄関に掴むところがあると、

段差の上り下りの安心感はとても強いものがあります。

 

手すりをつけるとなると、

現状の壁をめくって、

下地を入れて、

せっこうボードを張って、

壁紙を貼ると。

おおげさ、めんどう、に感じられる方は多いでしょう。

 

今回の手すり工事は、

現状の壁をめくらず、

手すりを付けました。コストも安く短時間で完了します。

 

下地にはビスをしっかりと効かさないといけませんので、

壁の中の下地を探して取付します。

方法はとてもアナログです。

コンコンと壁をたたいて、下地のある位置を探し、

「どこ太」というゆるキャラのような道具で、

ハリを木下地に刺して位置を確定します。

そこにビスを打って、

補強のための板を付けて、

手すりをつけて完了です。

どうでしょう?

玄関手すりはいかがでしょう?

玄関手すりはいかがでしょう?

玄関手すりはいかがでしょう?

玄関手すりはいかがでしょう?

page top